パッケージデザイン | 商品パッケージ・ノベルティのことなら、デザイン制作・Web ホームページ制作会社 ドットゼロ

Package

ドットゼロのパッケージデザイン

商品パッケージ・ノベルティ

商品の価値を大きく左右する パッケージデザイン

PACKAGE DESIGN CHANGES THE VALUE OF A PRODUCT

商品が最も魅力的に映るための装いを創出するのがパッケージデザインです
完成した商品はそのデザインを纏ってはじめて命が吹き込まれます

商品が最も魅力的に映るための装いを創出するのが
パッケージデザインです
完成した商品はそのデザインを纏ってはじめて命が吹き込まれます

どんなに良質な商品でも市場に出て初めてお披露目となり
当然パッケージには多くの目が注がれます

それだけにパッケージデザインは
手に取るターゲットや売れ行きを大きく左右するのです

パッケージデザインは購買率に直接的に関わってきます。沢⼭ある商品群の中から⽬に付き、⼿に取ってもらう。それがひとつのゴールです。シンプルなことですがとても難しいことです。なぜなら競技他社も同じことを狙いパッケージデザインに取り組んでいるからです。
売り場は各メーカーで棚とスペースの取り合いです。同じ商品をたくさん陳列できればいいのですがそうはいきません。大きなスペースを与えられるのはナショナルブランドがほとんどです。多くの場合、限られたスペースで埋没しないよう最大限輝かなくてはいけません。コンビニやスーパーなど商品カテゴリーによってコーナー分けがされている場合、棚によっては同じような色が使われていることが多いです。そこであえて異なる色を使うことも効果的です。また訴求することが多く、一見煩雑で賑やかなパッケージが多いコーナーではあえてシンプルなデザインにより、マイナスの効果で引き立てる手法もあります。また、展開する売り場が百貨店やスーパー、コンビニなのか専門店なのかでターゲットも異なり、デザインのテイストも自ずと変わってきます。
といったように、パッケージデザインにはある程度のロジックがあります。ただ昨今の市場を鑑みると、人の目につき話題にさえなればSNSなどで拡散される可能性もあります。ひとつのパッケージデザインをきっかけに事業を左右するヒット商品を生むこともできるのです。

パッケージデザインで重要なのは、商品のターゲットと独自性、そのブランドでの市場におけるポジションです。もちろん世の中には時代のニーズに合った商品もあれば、そうでないものもあります。商品によって時流に沿ったデザインにするのか、既存顧客層に安心感を与えるデザインにするのかを見定めながらデザインをします。また、ブランドの規模によってもアプローチが異なります。誰もが知るブランドであれば、今までのブランドを踏襲しながらの表現となり、新たなデザインに取り組む際もブランドらしさを尊重しながら進めます。一方、新進気鋭のブランドであれば、商品の独自性を表現しながらも、話題性を考慮した斬新なデザインも効果的です。若くまだ無名なブランドほどパッケージは潔く簡潔なデザインで展開すると効果が出ることが多くあります。

パッケージデザインで重要なのは、実際に商品が置かれる売り場を頭にイメージすることです。⾃分が消費者として売り場に⾏った際、パッと⼀⽬⾒て興味を持ち、思わず⼿に取るような商品とはどんなものでしょうか?  「この商品のデザインは誰に対してものなのか?」 「この商品のブランドはどこなのか?」 この2点がとても重要になります。
消費者が商品の特定に費やす時間は平均4秒と⾔われています。そのわずか数秒の間に、上記2点を明確に伝えるのはとても難しいです。そのブランドの雰囲気やらしさを表現しつつ、商品の特徴や魅力を限られたスペースに集約する必要があります。なぜ手に取るのか? という動機を逆算で考える必要があります。

また実際の商品より誇張しすぎないことも重要です。パッケージデザインは商品より何倍も良い⾒た⽬でデザインすることもできます。しかしあまりに誇張しすぎると、消費者のミスリードに繋がってしまいます。結果的にセールスは伸びず、ブランドの信頼も損なわれます。ここで重要なのが「誠実さ」です。例えば、消費者が安価な商品を求めている場合、パッケージに高級感を出しすぎると手に取ってもらえません。また、食品パッケージのシズル画像も量や彩りなど実物とかけ離れていると実物を見た際にがっかりしてしまい、最悪の場合は「嘘をつかれた」とクレームに繋がることもあります。⾒た⽬の良いデザインの追及も⼤切ですが、誠実性も失わないように⼼がけることが必要です。

⾃社ブランドをしっかりとパッケージデザインで伝えることも⼤切です。表現すべき⾃社の強みや個性に注⽬してみましょう。競合他社の商品が数多くあふれている中で、消費者の⽬を引き関⼼を集めるための近道は、「他とは違うこと」つまり「ブランドのオリジナリティ」です。これには独創性と探求⼒が問われます。「ブランドらしさ」を伝えるためのマニュアルはありません。しっかりとブランドの本質を探求し、既存のファンだけでなく新規顧客にも刺さる表現をすることです。また、市場を意識しすぎると型にはまったデザインとなってしまう可能性もあります。時に既成概念を崩す大胆なパッケージデザインが大きな効果を生み出すことがあるのが、パッケージの面白いところです。
実際、百貨店の食品コーナーでは特定のブランドでジャケ買いならぬパケ買いで行列ができています。逆に言えば、どんなに良いモノでもパッケージデザインが魅力的かつ的確でなければ商品の価値を下げてしまうと言っても過言ではありません。

ラベルや包装にとどまらず、商品の実際の形やサイズ、機能性を付与することも大切です。実⽤的であればあるほど売上げ向上にも繋がります。ケチャップ業界が伸び悩んでいた時に、上下逆さまにする発想で売上増加に繋がったことは良い例です。ただ、実⽤性はパッケージデザインの上で⾒過ごされがちです。なぜなら、クライアント側はデザインをする上で商品のインパクトを先行して考えるからです。たとえば、配送時に売場へ届いた箱の一部を切り取ると商品が露出し、そのまま陳列できる形状のものをよく見かけます。このようにお店の手間を省くことが生産性向上へも繋がり、本当の意味で良いパッケージと言えます。

企業やサービスの認知を高めるために、イベントや商品購入時に無償で配布するグッズをノベルティと言います。
種類は日用品や雑貨など様々ですが、企業のノベルティとしては卓上カレンダーやメモパッド、文具など日々の業務に使える実用的な物が喜ばれます。一方、ブランドや商品の場合は、ファンへの配布も考えられるため、グッズとして喜ばれる物を作成する場合もあります。いずれも企業やブランドらしさが込められたノベルティを作ることがブランディングにも繋がります。

ノベルティの多くは既製のアイテムにロゴを入れる(名入れ)ことで、使われる度に企業を認知してもらう目的で作成します。イベントで不特定多数の来場者に配布する場合は、そのイベントのテーマに沿った物を作り、広く認知を促します。また、グッズを入れる袋やグッズ自体に周知したい企業やサービスのURL、QRコードを掲載することでサイトへの流入を図ることができます。
先に述べたように既製品に名入れをする場合もありますが、独自の形状をしたキーボルダーなど、部材からオリジナルで製造する場合もあります。もちろん、オリジナルグッズの方がもらった時のインパクトもあり喜ばれますが名入れよりも製造費が高額となります。そのため費用対効果を予測したうえでの単価設定が重要となります。

装丁は書籍の内容を表現する「顔」となるもの。それだけにその書籍の本質を表現する必要があります。特に重要なのがタイトルの入れ方。日本語の場合は、明朝体かゴシック体かで与える印象が大きく異なります。明朝体は誠実さや上品さを与えます。また和のテイストや伝統を感じるものにも合います。一方、ゴシック体は均等な太さで成り立っているため、安定感、力強さ、親近感やカジュアルな印象を与えます。また、英字では明朝体のように飾りがついている書体を「セリフ体」、ゴシック体のように飾りがついていない書体を「サンセリフ体」と言います。どちらを書体を使用するのか、また組み合わせて使うのかでデザインの方向性を大きく左右します。

書体と同時に重要な要素となるのが文字の級数(大きさ)です。大きく入ると目立ちますが、文字の周りに空間を多めに取り、タイトルを小さめに入れることで目を引く場合もあります。また、異なる級数の文字を組み合わせたり、斜めにデザインすることで個性を持たせることも可能です。 次に重要なことは、画像やイラストの選定です。グラフィック要素をオリジナルで作成する場合もあれば、書籍の内容をあらわす画像を用いることもありますが、どの要素を使うにしても、タイトルや著者名、画像やイラストなどのデザイン要素を一冊の書籍として、個性を表現しながら纏めます。さらに装丁デザインは、書店に並べられた際に人に手に取ってもらうインパクトを兼ね備えることも重要となります。

Work flow

ドットゼロはパッケージデザインのため下記のプロセスを実施します

  • Phase 1

    ヒアリングを行い、市場でのポジショニングやターゲット、打ち出すポイントを定めます。

  • Phase 2

    実際の売り場に足を運び、競合のデザインを調査しその中でいかに個性を出すかを検証します。

  • Phase 3

    ターゲットを絞ったうえで、幅広いデザインテイストで複数案ご提案します。

  • Phase 4

    必要な場合、シズルや商品などの素材撮影を行います。クライアントから支給される場合、このフェーズは不要です。

  • Phase 5

    裏面の内容物や成分などの校正を行います。特に化粧品の場合は薬事法に則った表現となっているか、この段階でのチェックが重要です。

  • Phase 6

    校了後、データメイクを経て印刷会社に入稿します。印刷前に色の再現性を確認するための色校正を取る場合もあります。確認後、必要があれば色を補正します。問題なければ下版となり印刷・製造開始となります。 ※クライアントで印刷手配を行う場合は印刷用データを納品します。

  • Phase 7

    完成後、実際にどのように売り場で展開されているかを確認します。

Strong point

パッケージデザインにおけるドットゼロの強みは6つあります

1
ブランドのオリジナリティを 重視したデザイン
2
売り場で正しく目立たせる インパクトの追求
3
時代のニーズに合ったデザイン
4
シズルや商品撮影も可能
5
綿密な市場調査
6
機能性を備えたデザイン

Package design menu

食品パッケージ / 化粧品パッケージ / ギフトパッケージ / ボックスデザイン / ボトルフェイスデザイン
ラベルデザイン / 書文字 / ショッピングバッグ / 手提げ袋 / 包装紙 / 巾着袋 / レジ袋 / 不織布 / OPP袋
シール / ステッカー / リボン / カード / ボールペン / ノート / 手帳 / メモパッド / 付箋 / カレンダー
クリアファイル / うちわ・扇子 / USB / パーカー / キーホルダー / 缶バッジ / インスタントカメラ
タオル / 手ぬぐい / ぬいぐるみ / ノベルティ / 書籍装丁 / 各種製造
食品パッケージ / 化粧品パッケージ / ギフトパッケージ
ボックスデザイン / ボトルフェイスデザイン / ラベルデザイン
書文字 / ショッピングバッグ / 手提げ袋 / 包装紙 / 巾着袋
レジ袋 / 不織布 / OPP袋 / シール / ステッカー / リボン
カード / ボールペン / ノート / 手帳 / メモパッド / 付箋
カレンダー / クリアファイル / うちわ・扇子 / USB / パーカー
キーホルダー / 缶バッジ / インスタントカメラ / タオル
手ぬぐい / ぬいぐるみ / ノベルティ / 書籍装丁 / 各種製造

Case example

私たちドットゼロはデザイン制作会社です。
お客様が伝えたいブランドの魅力やサービスの強みをデザインの力で最大限に引き出します。
グラフィック、広告、WEBや動画から企業のブランディングまで
多岐にわたるクリエイティブを
一貫したデザインワークで完結し、ブランド価値を向上させ、企業を成功へと導きます。
また、企画から制作・製造、納品まですべての行程を
ワンストップでお受けいたします。

お問い合わせはこちら

お急ぎの場合はこちらへお電話ください

T03-6280-7982