動画制作 | ブランドムービー・プロモーションムービー・サービス紹介動画・動画広告のことなら、デザイン制作・Web ホームページ制作会社 ドットゼロ

Movie

ドットゼロの動画制作

ブランドムービー・プロモーションムービー・サービス紹介動画・動画広告

たった60秒の映像でも 人は感動し涙する

EVEN A ONE-MINUTE VIDEO CAN MOVE PEOPLE

動画は視覚だけでなく
聴覚にも同時に訴えることができるクリエイティブです

ドットゼロでは 動画への没⼊感
つまり世界観を重視します

ストーリーや絵作りだけではなく BGMや音の間 テロップの書体
そのすべてが⼀体となることで 人の心に響き
いつまでも記憶に残る映像となります

ブランドムービーとは、企業や商品・サービスのブランドを幅広く伝えるための動画で、エモーショナルに訴えることが多いことが特徴です。またブランディングの一環として、紙媒体やWEBと並び重要なクリエイティブでもあり、企業のブランドイメージを的確に伝えることで信頼感を⾼めファンの創出にも繋げます。
⽂章や絵だけでは理解しにくい情報も、ブランドムービーであれば視覚情報や⾳声、BGMによってより深く分かりやすく伝えることも可能で、企業やブランドへの理解を更に深められます。また、表現手法も様々な発想で作ることができ、尺(動画の長さ)も比較的自由です。情緒的な映像にナレーションやBGMを掛け合わせ、心に残る映像を制作します。
BtoCにおけるブランドムービーは、消費者との接点にもなり世界観を共有することで繋がりを強化できる重要なツール。それだけにブランドのオリジナリティを打ち出すことも重要になります。

プロモーションムービーとは、販売促進のためのPR動画です。商品の特徴や魅⼒、メリットを具体的に打ち出すことが求められます。いかにユーザーの購買意欲を刺激することができるか?を考えて制作することが⼤切です。
ユーザーが商品を購⼊するのは、「使ってみたい」「問題を解決したい」という動機があるからです。その動機を、商品の購入をもって解消できることを明確に示す必要があります。まずは「誰に対して、何をどのように伝えるのか」という⽬的を掘り下げます。
プロモーションムービーの表現手法は様々ですが、最近では、文字や数字などの情報をイラスト・図・写真などを使って分かりやすく表現したインフォグラフィックスも多くなってきています。

サービス紹介動画で注⽬すべきは「形がある商品」なのか「形のないサービス」なのかの2点です。
「形がある商品」の場合、見た目では分からない特徴や魅力、機能性を伝えるのが動画の役割です。商品を⽴体的に360度⾒せたり、使用シーンを挿し込むことで、商品を⾒るだけでは伝えられない側⾯も⾒せることができます。
「形のないサービス」では、その魅力や特徴を可視化することが⼤切です。実際にサービスを提供しているシーンを動画にすることで、購⼊を検討しているユーザーに視覚的に訴えることができます。また、文字や数字などの情報を数値やイラスト・図を使って分かりやすく表現するインフォグラフィックスムービーも有効な制作手法となります。サービス紹介動画は短時間で簡潔にサービスを伝えることができるので、自社サイトでの周知の他に、展示会などでのセールスにも役立ちます。

⼈材採⽤と⾔えば、リクルートサイトや求⼈サイトでの募集が主流です。それに加えて映像を制作して⾃社をアピールするという企業も最近増えてきていますし、インナーブランディングの一環としても、とても重要なツールになってきています。
動画による採⽤活動には、多くのメリットがあります。社員インタビューで、社風やともに働く人がどんな人が知ることができ、会社の雰囲気も伝えることができます。また、ブランドのビジョンを見せることで会社の熱意が伝わります。これらは、サイトや紙媒体でも伝えることが可能ですが、動画にすることでより熱を帯びた形で伝えることが一番のメリットです。
また、SNSやYouTubeにアップしておくことで、たまたま⾒つけた⼈の⽬に⼊ることもあります。能動的に活動していない人の⽬にも留まることがある、という採用活動において⼤きなメリットと⾔えます。

動画広告は、昨今YouTubeを中⼼に広がりを⾒せており、扱う媒体や広告の種類も増えています。主に「インストリーム広告」「インバナー広告」「インリード広告」の3種類があり、それぞれに違った特徴があります。
「インストリーム広告」は、YouTubeなどの動画コンテンツ内で再⽣される広告のことです。⼤きな画⾯で表⽰されるので、他の動画広告よりも商品やサービスの魅⼒をユーザーに訴求しやすい広告です。「インバナー広告」とは、従来のWebサイトのバナー枠で表⽰・配信される広告を指します。「インリード広告」はユーザーがWebページをスクロールして動画広告が画⾯に表⽰されたら動画が再⽣されるという仕様の広告です。
いずれも冒頭を観るだけでスキップされることが多いのが動画広告の現実です。だからこそ短い尺での表現や、開始数秒に⼒を⼊れ見る人を引き込むことが求められます。もちろん自社サイトやSNSでも展開することは可能です。

バックグラウンドムービーとは、主にWEBのトップページの背景で繰り返し自動再生されるムービーのことで、キャッチコピーやタグライン、ロゴの背景に流れることが多いです。飲食店では店内の雰囲気や厨房やサーブ時の動画を、リクルートサイトでは社内の雰囲気やスタッフ同士の会話シーンを流すことが多く見られます。とくに滞在時間が限られるWEBサイトにおいて、10〜20秒ほどでその企業やブランド、店舗の雰囲気をつかむことができるのはとても有効です。
ただし、背景に動画を置くことでサイト自体が重くなってしまうこともあるため、容量やムービーの長さには注意が必要です。

動画とは「視覚」と「聴覚」の両⽅に訴えかけることで、人を感動させることができるクリエイティブです。特に最近では動画を使った広告やプロモーションが増え、掲載メディアも多様化しています。とは言え、動画自体の作るプロセスは以前から大きく変わらず、ブランドや商品、サービスの魅力や本質を伝えることが最大の目的となります。
動画制作において、私たちはとくに「⾳」と「間」を意識しています。「⾳」は聴覚を通して、画像やイラストのような静⽌画をより記憶に定着させる役割があります。「間」は紙面においての余⽩の考え⽅と似ており、伝えるべき本質をより引き立てます。また、企業のブランドムービーにおいては、共感を生み出しファンを創出することにも繋がります。120分の映画でも観客は感動し、60秒のCM動画でも視聴者は涙します。ドットゼロでは、見る人の心の琴線に触れるような動画制作を心がけています。

タイムラプス動画とは、動く被写体を一定の間隔を空けながら連続撮影し、それらの写真をつなぎ合わせる動画のことです。早送りのような映像になりますが、連続で撮影された写真で構成されているので、早送りの動画よりも鮮明に表現でき、オリジナリティのある表現にも向いています。
⼈が⾏き交う街並みや、作品制作⾵景、定点撮影でビルが建つシーンなどタイムラプスの特徴を活かすことで、通常の動画では表現できない世界観で驚きや感動を与えることができます。

アニメーション動画は、実写撮影ではできないシチュエーションや様々な表現方法が可能で、内容に集中できるという強みがあります。視覚的に情報を整理しながら理解でき、更に⾳声やテロップで補足もできます。そのため、複雑な情報でもユーザーに対して効果的にサービスを紹介することができます。
キャラクターで演出したり、実写やCGを組み合わせることもできるので、ブランド独自のオリジナリティを追求できることも特徴です。

インフォグラフィックス動画とは、データを視覚的に分かりやすく表現したものです。「インフォメーション」+「グラフィックス」の造語で、⼀般的には数値や情報を図形化したものとなります。複雑な情報をシンプルにまとめることができる点で優れています。主に企業やサービスの紹介を分かりやすく伝えるために使われます。また、数値をグラフやアイコンなどで図形化することで、文章がなくてもその図と動きでたくさんの情報をユーザーに分かりやすく伝えることも可能です。

Work flow

私たちは動画制作のために下記のプロセスを実施します

  • Phase 1

    動画を制作する目的やその後の展開、納期を確定し全体スケジュールを組みます。

  • Phase 2

    構成台本を作成します。構成台本とは動画の設計図であり、全体の流れだけでなく、各パートを絵コンテと説明で分かりやすく明記したものです。

  • Phase 3

    素材となる動画を撮影します。ロケーション撮影する場合と、スタジオで撮影する場合があります。

  • Phase 4

    構成台本通りに編集した動画をご確認いただきます。ナレーションが入る場合、この時点での音声は仮で入ます。オンラインでの試写も可能です。

  • Phase 5

    第一回の試写に対して修正、ブラッシュアップした動画をご覧いただきます。

  • Phase 6

    ナレーションボイスをスタジオで収録します。音声は事前に複数のボイスサンプルを試聴いただきナレーターを決定します。

  • Phase 7

    編集済みの映像にナレーションや効果音、BGMなどを加え、MAスタジオにて音質やバランスを細かく調整し、動画の完成度を大きく向上させます。

  • Phase 8

    いよいよ動画の完成です。完成した動画は、様々な使用メディアに適した形式で納品します。

Strong point

動画制作におけるドットゼロの強みは6つあります

1
没入感のある動画制作
2
ブランディングの一環としての
動画制作
3
商品やサービスの魅力を 動画で最大限に引き出す
4
あらゆる種類の動画に対応
5
ブランドのオリジナリティを 打ち出した動画制作
6
WEBや紙媒体と同時に請け負うことで 素材の共有も可能

Movie production menu

プロモーションムービー / ブランドムービー / キャンペーンムービー / サイネージムービー
イベントムービー / オープニングムービー / スクリーンセーバー / 構成台本
ムービー撮影 / 映像編集 / BGM作成 / ナレーターキャスティング / ナレーション収録