UNIQLO

スペシャルページ
WEBディレクション・コーディング

  • uniqloの画像が表示されています。
  • uniqloの画像が表示されています。
  • uniqloの画像が表示されています。

【実施】

ユニクロの公式サイト内、「クリエイティブ プロジェクト」という特設サイトのWEBディレクション、コーディングを担当しました。各ページは日本語と英語をタブで切り替える仕様となっています。

【ポイント】

コーディングはPCでの表示だけではなく、タブレットやスマホで見た際にも適正に表示される必要があります。最近では複数の異なるデバイスで画面サイズが変わってもデザインが大きく異なることなく、違和感なく閲覧できるようレイアウトするレスポンシブデザインが主流となっています。また、マウスオーバー時にユニークなアクションを取り入れ、見る人を飽きさせない工夫も大切な要素となっています。

スクロールが主流のスマホでの閲覧が多くなっている昨今、縦に長いサイトも多くなり、1ページですべての訴求ポイントを集約するランディングページも多くなっています。また、見る人にいかに快適に閲覧してもらうか、サイトを通じてどのような体験をもたらすかを意識して構築するUI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)も重要となります。また、技術的なSEO対策より、サイト内のコンテンツがとても重要となり、見る人に有益なページになっているかどうかということがサイトの善し悪しの判断基準となります。「見る人のためになるサイト作り」という基本的なことがより重視されるようになったことは、WEBサイトの役割を考えると当然のこととも言えそうです。