VioRou

ブランドサイト
プランニング・アートディレクション・構成・デザイン・コーディング

アイウェア業界の第一線で活躍する気鋭のデザイナー・小野寺慎吾様の手がけるブランド「VioRou – ヴィオルー」。ここでしか見られない色使いと、異素材の組み合わせが秀逸なアイウェアを、存分に訴求するブランドサイトを制作しました。

新作を発表する際、新たなアイウェアを使用している女性のイラストを毎回キービジュアルとして制作しており、このイラストはVioRouのイメージになりつつあします。しかし、WEBやSNS上ではイメージビジュアルよりアイウェア自体の写真が多くなっている現状を考慮し、今回はブランド独自の魅力を纏ったイラストをメインにファーストビューで展開。一見アイウェアブランドと思わせないアーティスティックなファーストビューにより、小野寺ブランドの作り出す独自の世界観を、確かなインパクトで訴求しています。

VioRouとは、“Du violet au rouge”。フランス語で「紫から赤へ」という意味で、人が目にすることができる可視光線の“七色”の意味を持たせた言葉。ブランドが掲げるコンセプトを、ページの各所にグラデーションのグラフィックを配置することで表現しました。また、VioRouのマーケットは日本のみならず海外へも進出しており、由来となったフランスはもちろん、欧米、アジアへと販路を広げています。必然的に、商品の一覧・詳細ページは閲覧頻度が高くなるため、極力装飾は無くし、シンプルでストレートに商品のビジュアルに触れることができるよう設計しています。